皮下脂肪の落とし方!糖質制限と有酸素運動どっちがおすすめ?-目次

 

みなさんこんにちは!!

 

学生のころからずっと付き合っている友達カップルがいるのですけど、2人は本当にずっと仲良くてダイエットも一緒に工夫してやっているんです。

 

先日、夕飯を一緒に食べている時にもダイエットの話があがったのですが、

 

同じメニューのトレーニングをしても、効果の出てくるタイミングが違うことがあるんだ」って二人で不思議そうに言っていました。

 

 

一緒にジョギングをしたり、スポーツジムにいったり、家で筋トレをしたり、楽しくやっているけれど効果が違うのはなんでなのかな?って聞かれたので、

 

僕がその時二人に説明したことを今回はまとめてみようと思います!

 

糖質制限ダイエットで皮下脂肪を落とす

 

まずは糖質制限ダイエットで皮下脂肪を落とすことのメリットとデメリットについて考えてみます。

 

 

糖質制限を行えば、血糖値が下がりますし、糖質が減ればインスリンを作っているすい臓が疲れにくくなりますし、いらない脂肪が溜まりにくくなります。

 

デメリットとして考えられるのは、食物繊維が不足して老廃物が体にたまりやすくなったり、食後の満腹感が感じられないために反動でどか食いしがちだったり、と言ったことですね。

 

また、低血糖になると手足が痺れることもあるので、やりすぎは注意ですよ!

 

 

糖質制限ダイエットで皮下脂肪を落とすことによるメリット・デメリットについて理解したうえで、今度は男女別の向き不向きを考えていきます。

 

男性は糖質制限ダイエットに向いている

 

先に結論を言ってしまいますと、男性は糖質制限ダイエットに向いているんですよ。

 

理由としては、男性は内臓脂肪が多くて皮下脂肪が少ないのがポイントになります。

 

糖質制限ダイエットをすると内臓脂肪から消費されるため、男性の方が効果が出やすいのです。

 

 

健康診断で内臓脂肪を指摘された男性は、まずは糖質制限ダイエットをしてみてはいかがでしょうか?

 

男性は糖質制限ダイエットに向いているのが分かればモチベーションだって上昇しちゃいますよね!

 

女性は糖質制限ダイエットに向いていない?

 

それではなぜ女性は糖質制限ダイエットに向いていないのでしょうか?

 

  1. 筋量が少ないから基礎代謝が低い
  2. 内臓脂肪よりも皮下脂肪のほうが多いから効果が出にくい
  3. 女性ホルモン(エストロゲン)は皮下脂肪を溜める作用がある

 

大きな理由はこの3つなのです。

 

すべての女性が糖質制限ダイエットに向いていないわけではありませんので、糖質は制限してたんぱく質を多く摂取し、筋トレも行えば問題ありませんよ!

 

有酸素運動で皮下脂肪を落とす

 

それでは有酸素運動で皮下脂肪を落とすメリットとデメリットの説明にいきますよ!

 

まずメリットですが、激しい運動に比べて体にかかる負担が少ないのでケガがしにくいです。

 

そして、血液の中の糖質を運動中に消費するので脂肪を燃やすことが出来ます。

 

デメリットとしては、強度が低めの有酸素運動で消費できるカロリーは500キロカロリーくらいなので、1キロ脂肪を消費するには14時間も運動しなければいけません。

 

有酸素運動で皮下脂肪を落とすダイエットも効果に男女差があるので、そちらも続けてお話しようと思います!

 

男性と有酸素運動

 

最初に男性と有酸素運動の関係を見てみましょう。

 

男性の肥満タイプとしては内臓脂肪型が多く見られ、有酸素運動は内臓脂肪を減少させるのに向いています。

 

男性は一般的に筋肉の量が女性に比べて多い訳ですし、有酸素運動をコツコツするよりもせっかくの筋力を生かした無酸素運動(筋トレ)がいいのではないかと思うのです。

 

以前はスポーツをしていたけれど最近はしていなくて筋肉の量が減っていると感じている男性や、体脂肪がじわじわ増えているなあと感じる男性は、有酸素運動をするよりも筋トレを中心に行なうことをオススメしたいのです。

 

脂肪を燃やしたいのであればまずは筋肉ですよ!

 

男性は有酸素運動を中心にするよりは、まずは筋肉量を増やして効率よくダイエットしましょう。

 

女性と有酸素運動

 

続きまして、女性と有酸素運動の関係をご説明しますね。

 

女性は男性に比べて筋肉の量があまり必要ない有酸素運動で脂肪を燃焼することをオススメしますよ!

 

有酸素運動というと、ジョギングとかランニングのイメージがあると思うのですが、僕がおススメしたいのは「早歩き」です。

 

なんで早歩き?と思うかもしれませんが、ジョギングよりも膝への負担が軽いですし、脂肪燃焼に最適な心拍数になりやすいのです。

 

脂肪が燃えやすい心拍数というのは、「息苦しいけれども会話はなんとかできる」くらいのことです。

 

もうこれ以上早く歩いたら走りだしちゃうっていうくらいのスピードで歩くのがポイントですよ。

 

有酸素運動は脂肪燃焼効果が高いですし、皮下脂肪とサヨナラするには長期的に行うことが大切ですので、ぜひとも女性は有酸素運動を行ってみて下さいね。

 

週に3回くらい、1回30分くらいで早歩きをして皮下脂肪を燃焼しちゃいましょう!

 

皮下脂肪を落とすために、糖質制限ダイエットや有酸素運動に取り組んだ人の口コミ

 

糖質制限ダイエットと有酸素運動、それぞれ良いところや向き不向きがわかったところで、実際にダイエットをした人たちの口コミをまとめてみましたのでチェックして下さいね。

 

〈糖質制限ダイエットの良い口コミ1〉(170p/62キロ/20代/男性)

 

朝食で玄米ご飯をお茶椀半分くらい食べますが、あとは野菜・豆腐・きのこ類を普通通り食べるようにしたところ、苦しい思いもしないで1か月で2.5キロ体重が減りました!

 

〈糖質制限ダイエットの良い口コミ2〉(163p/55キロ/40代/女性)

 

大好きなパンが食べられないのがさみしいと思ったのは最初の4日間くらいで、チキンとかサラダは結構モリモリ食べていたわりに2週間で4キロ落ちたのでとても嬉しいです!

 

 

 

〈糖質制限ダイエットの悪い口コミ1〉(168cm/65キロ/30代/男性)

 

同世代の男性の友人が糖質制限をして2か月で6キロ痩せたと聞いたので真似してみたのですが、頭がボーッとするし倦怠感がすごくて仕事に影響が出そうなのが心配ですぐにやめてしまいました。

 

〈糖質制限ダイエットの悪い口コミ2〉(155cm/55キロ/40代/女性)

 

20代の頃より10キロ太ってしまったので糖質制限を行ってみたのですが、もともとそんなに肉は好きではないし、お米がどうしても食べたくてイライラしてしまい、1週間で挫折してしまい体重は全然変わりませんでした。

 

 

 

〈有酸素運動の良い口コミ1〉(175cm/67キロ/50代/男性)

 

健康診断で「メタボ予備軍」と言われたのがショックで、仕事から帰るときに1駅手前で降りて歩いて帰るようにしたところ、お腹と背中の脂肪が減ってきています!

 

〈有酸素運動の良い口コミ2〉(160p/52キロ/40代/女性)

 

40代になったらお尻と太腿が太くなってしまったのですが、ご近所さんと一緒に週に3回くらい5キロゆっくりジョギングをしていたら、3か月で4キロ体重が落ちて、履けなくなったスカートをもう一度履けるようになってとっても嬉しいです。

 

 

〈有酸素運動の悪い口コミ1〉(167p/59キロ/30代/男性)

 

ジムにいったときにエアロバイクをするようにしてみたのですが、筋トレをする時間を減らし過ぎたのか体重は特に変化がありませんでした。

 

〈有酸素運動の悪い口コミ2〉(161p/56キロ/20代/女性)

 

スポーツジムでクロストレーナーをしたり、朝食の前に2-3キロ走ったりしていたので大丈夫かなと思って、食事は普段通りにしていたら体重がちょっと増えてしまいました!

 

 

糖質制限ダイエットと有酸素運動の、良い口コミと悪い口コミでした!

 

皮下脂肪の落とし方まとめ

 

皮下脂肪は内臓脂肪に比べて落としにくのは確かです。

 

ですが、正しいバランスの食事、正しい筋トレ、長期的な有酸素運動をバランスよく行えば必ず理想的な体は手に入りますよ!

 

そうと判ってはいても、くじけそうになる時もあるでしょう!

 

効果的にさらに筋肉をつけるのならば加圧シャツを着てみる、停滞期だと感じたらダイエットサプリを飲んでみる、そういう風にして気分を切り替えるのもアリなんじゃないでしょうか?!

 

それぞれ僕のおススメの商品がありますので、両方ともチェックしてもらえたら嬉しいです!

 

⇒ 僕が試した加圧シャツのレビュー記事はこちら

 

⇒ 国もおすすめする皮下脂肪に効くサプリはこちら