痩せ型の子供の体重を増やす食べ物&確実に太らせる方法のまとめ-目次

 

みなさんこんにちは!
痩せ型の子供の体重を増やす食べ物&確実に太らせる方法

 

仕事仲間の息子さんがラグビーを始めたそうで、「僕、身体がもっと大きくなりたいんだけどどうしたらいいの?」って聞かれてどうしていいか悩んでいるそうです。

 

確かにラグビーをするなら、体幹が強くてさらに大きな体があれば有利になりますよね。

 

息子さんのことは産まれた時から知っていますが、確かに小さい頃から痩せ型ですし、男の子のわりにあんまりガツガツご飯を食べているのも見たことがありません。

 

息子さんにラグビーを楽しんでもらえるように、僕は子供を太らせる方法を調べてみました!

 

子供が痩せている原因

 

まずは、子供が痩せている原因を詳しく考えていきましょう。

 

大人だって子供だって、太っているとか痩せているっていうのはとても気になることですよね。

 

痩せている子供にはきっとなにか原因があるはずです。

 

基礎代謝と摂取カロリーの関係

 

まず基礎代謝と摂取カロリーの関係についてですが、単純に摂取カロリーが基礎代謝を下回ると太れません。

 

こちらが平均的な子供期の基礎代謝になります。

 

6-7才  男子1,020kcal 女子910kcal
8-9才  男子1,140kcal 女子1,040kcal
10-11才  男子1,330kcal 女子1,240kcal
12-14才  男子1,550kcal 女子1,350kcal
15-17才  男子1,570kcal 女子1,270kcal

 

お稽古事や部活でスポーツをしていると、さらにたくさんのカロリーを摂取しなければなりません。

 

お子さんの基礎代謝と、実際の摂取カロリーの関係がバランスよいものであるか見直しが必要なケースがあります。

 

胃腸の働きは悪くないか

 

お子さんの胃腸の働きは悪くないでしょうか?

 

体質による胃下垂・猫背による体の歪み、消化酵素が少ないなどの理由により、胃腸の働きが悪いと食べ物が消化されにくくて食べることに興味をなくしてしまうかもしれません。

 

お子さんの胃腸の働きについてもちょっと様子を見てみて下さい。

 

歯の状態が悪くないか

 

お子さんの歯の状態が悪くないか、定期的にチェックしていますか?

 

虫歯がないか、歯周病は問題ないか、噛み合わせが正しいか、などを歯医者さんで3か月から6か月に1回チェックしてもらうだけでも口内をよい状態でキープできます。

 

特にかみ合わせが悪いと、食べ物を上手にかみ砕くことが出来ず、消化不良を起こしたり筋肉の成長に影響を与えたりしてきます。

 

もしも歯列矯正が必要であれば、乳歯が生えそろう6才前後と永久歯にすべて変わった12才前後が噛み合わせの矯正をスタートするよいタイミングですので、出っ歯・受け口・歯並びの悪さが気になるのであれば早めに矯正専門の歯医者さんに相談してみて下さい。

 

歯の状態が悪くないか、というのは、お子さんを太らせるのにとても大切な事です。

 

何かストレスがないか

 

お子さん、何かストレスがないですか?

 

学校のお友達関係、勉強のこと、塾の人間関係、SNSでの交流、お子さんって大人が思うよりも色々考えているものです。

 

ストレスも胃腸の働きに関係してきますので、何か悩みがあると食が細くなっちゃいますね。

 

単純にあんまり食欲がないだけならしばらく様子をみればよいですが、何かストレスがないかもコミュニケーションの中で察知してあげて下さいね。

 

子供をどうやったら太らせられるか

 

では、子供をどうやったら太らせられるか考えていきましょう。

 

太らせるということは、体重を増やすという事でもあります。

 

 

 

白米を食べさせましょう

 

炭水化物、特に白米をしっかり食べさせましょう。

 

特に白米は栄養価が高いですし、糖質が多い食材ですので、太らせるのにベストな食品となります。

 

痩せている子供は酵素不足も考えられるので、体重を増やすためには発酵食品である納豆も白米と一緒に食べさせるといいですよ!

 

バナナ

 

バナナは食べやすいですし、糖度が大変高いので太るのにピッタリな食材です。

 

1年中スーパーで安く手に入るのもメリットと言えますね!

 

ヨーグルトとバナナを混ぜれば、さらに太らせるのに理想的なデザートになりますよ。

 

筋肉を付ける

 

お子さんでも筋肉を適度に付けることは太らせるのに大切な事です。

 

筋肉をつけると背が伸びない、なんていう説もありますが、それは「骨と関節に負荷がかかりすごいるトレーニングはよくない」というのが正しい表現になります。

 

太もも・背中・お腹の筋肉をしっかりと鍛え、休養もしっかりとり、筋肉をつけるようにしましょう!

 

お父さん・お母さんも一緒に筋トレをすれば、親子でカッコいい体になれますし、ご一緒に筋トレをするのはいかがでしょう?

 

筋肉をつけるための栄養としては、たんぱく質・ビタミンB6・マグネシウムが大切になります。

 

肉・魚・大豆製品・胡麻やアーモンドをバランスよく食べれば、この3つの栄養はしっかりとれます。

 

食事に気を付けながら筋肉をつけることが大切です!

 

プロテインを飲む

 

最近はドラッグストアでもプロテインは手に入りますし、ジュニア用のプロテインもありますので、プロテインを飲むことで栄養補助をするのもよいと思います。

 

プロテインは、ココア味・バナナ味・ヨーグルト味など種類がいろいろありますので、お子様が好きなフレーバーが見つかるとよいですね。

 

プロテインを飲むことで、たんぱく質・カルシウム・ビタミンの摂取を補助するのも良いですよ。

 

太るためのサプリメント

 

ファティーボ」という太るためのサプリメントがあります。

 

体内のヤセ菌をブロックしてくれる酵素や、酵素が働きやすい腸内環境に変えていくための乳酸菌やビフィズス菌が入っています。

 

この「ファティーボ」は実際に小学生でも飲めるサプリメントですので、太るための補助として利用してみてはいかがでしょうか。

 

詳細はこちらからご確認下さいね。

 

口コミをまとめてみました

 

痩せているお子さんを太らせるために色々な工夫をされた親御さんの口コミをまとめてみました。

 

きっとあなたのお子さんにあった方法が見つかりますよ!

 

良い口コミ

 

それではまず、良い口コミからいきますよ!

 

良い口コミ1:サッカーをしている中学生の息子は子供の頃からヒョロヒョロした体でしたが、もっとサッカーが強くなりたいからといって僕と一緒に筋トレを始めたところ、2か月くらいしたら上半身がガッシリしてきて体重も増え始めました。(40代・会社員)

 

良い口コミ2:小学6年生の娘が痩せているのを気にし始めたので、炊き込みご飯にしてご飯をたくさん食べるようにしたり、おやつをナッツ類にしたりと工夫してみたところ、3か月目で少し体がふっくらしてきて喜んでいます。(30代・主婦)

 

良い口コミ3:私に似たのか中学生の娘は食が細いし体がヒョロとしているので、一緒に「ファティーボ」を飲み始めたところ、3か月目くらいから2人とも体全体が少しふっくらしてきて体重も2キロ増やせました。(40代・女性)

 

良い口コミの方は、2~3か月目くらいから太れているようですね!

 

悪い口コミ

 

子供を太らせるのに失敗してしまった、悪い口コミです。

 

悪い口コミ1:小学校5年生の息子がずっと学年で一番背が低いし体も華奢だったので、逞しくなって欲しくて毎回の食事を増やしてみたのですが、こんなに食べられないよと拒否されてしまったので特に体に変化は起こしてあげられませんでした。(30代・主婦)

 

悪い口コミ2:水泳をしている娘がガリガリなので、僕が飲んでいるプロテインを勧めてみたのですが、あまり好みではなかったようで3・4回飲んだだけでもう飲まなくなってしまい体を大きくさせることは出来ませんでした。(30代・会社員)

 

悪い口コミになってしまったご家族も、違う方法が見つかるとよいですね!

 

まとめ

 

痩せ型の子供を太らせるには、食事のバランス・筋トレが大切なようですね。

 

体重をしっかり増やす為には正しい噛み合わせも重要であることがわかりました。

 

確かに虫歯が出来ていたり歯茎の調子が悪かったりすると、しっかりご飯を食べられませんしグッと体に力を入れるのも難しいですものね!

 

栄養のサポートや体内の改善のために、プロテインを飲んだりサプリメントを飲んだりするのも有効です。

 

先ほどもご紹介しましたが体重を増やせるサプリメントである「ファティーボ」は要チェックですのでぜひ確認して下さいね!

 

痩せ型の子供の体重を増やす食べ物&確実に太らせる方法